これから起業する、開業するとなると、その前に取り組まなければならない作業が多数でてきます。

着実に作業を進めていくために、仕事の環境を整えることは、非常に大切です。

仕事のために整備されていない環境は障害となりますが、整備された環境は助けとなります。

 

環境は意思より強い?

よし、○○を毎日やろう!と強く思っても、数日で終わった持続しなかったという経験はあるのではないでしょうか?

周囲に気が惹かれるものが溢れていたら、何かに集中するのは難しかったりします。

何か作業をしようと机に向かっても、テレビで面白そうな番組が放送されていて、いつの何かそちらに気が向いて番組の最後まで見てしまい、気づいたら寝る時間になっていた、なんて経験は皆さんあるのではないでしょうか。これが何度も続くと、最初の決意はどこへやら、結局ほとんど進まずに月日が過ぎていきます。

実は、周囲に何が起きても影響を受けないほどの強力な意思を持っている方を除いて、周囲の環境を大いに受けます。

そのため、起業・開業に伴う作業を着実に進めていくには、その障害となるものをあらかじめ取り除き、倒れそうになってもお互いに支え合い、その想いを高め合える環境に身を置くのが、容易な道となります。

 

目標の明確化

まず、目標を明確にすることが何よりも大切です。ここがぼんやりしていると、何かを選択する時の判断基準も曖昧になってきます。

また、雑多な出来事やそれに伴う心の揺れ動きで当初の目標を忘れてしまうことがあります。

その時のために、

  • 実現する目標を紙に書き、毎朝見る

など、いつも思い出す習慣を実行することは、自分自身を助けます。

 

仕事・作業場所の整備

不要な物を処分し、作業環境を清潔に保ち、気を散らすものを撤去し、心地よく集中して作業できる場所を整備するの基本です。

不要な物を処分する

その昔は必要だったものも、時が経てば不要になってきます。

新しく何かに取り組む時は、もう不要となったものを処分するのを推奨します。処分とは捨てることです。

子供だった頃は、様々なおもちゃやゲームに関心があり、遊んでいたと思いますが、大人になっても同じ内容に関心を示す人は少ないでしょう。多くの方は卒業して、別の何かに関心があるはずです。過去、大切だったものも時が経てばその役割を終えます。

捨てることで、空間的なスペースだけでなく、精神的にも整理されます。それにより、今現在、自分自身に必要な何かを容易に取り入れることができます。

私の経験では、1年以上全く使用していない物は、ほぼその後も使わないとわかりました。年末の大掃除や引っ越しのタイミングで、溜まってきた様々な物・本などを処分しています。

 

掃除・整理整頓する

仕事環境を清潔を保ち、整理整頓するのが基本中の基本です。

私は、この小さい頃から言われ続けている内容の大切さを実感したのは、就職してからでした。会社には多数の従業員がいましたが、ある程度の期間、会社に在籍していると"仕事が良くできる方(職場内のエース)"が誰かわかってきます。”このパフォーマンスの違いは一体何だろう?”と以前から疑問に思っていました。

ある日、会社に夜遅くまでいたときか、休日出勤したときか、職場に人がいなかった時、何列も続く机の間を何気なく歩いていたら、人によって机の上の状態がかなり違うことに気が付きました。大量に書類が平積みになっている机、作業した後そのまま放置したかのような乱雑な机、清潔で書類も綺麗に整頓された机などありました。そして、職場内のエースの方の机は、皆さん机が清潔で書類も綺麗に整頓されていたのです。

職場内のエースですから、当然、責任ある仕事を多数扱っていることでしょう。でも非常に整理されていました。この発見は、私にとってはとても衝撃的でした。

その発見以降、私も見習って仕事環境を定期的に掃除し、整頓(これは書類だけでなく、デジタルデータ等も整理・分類するも含む)するようにしています。

この作業は、気持ちよく仕事に向き合えるだけでなく、後で何かが必要になった時あれこれ探す時間が短くなるだけでなく、整理することで頭の中も整理されることがわかりました。

 

気が散る物との関わり方

テレビとの関わり方

起業する人にとって難しいのはテレビとの付き合い方です。様々な面白い番組が放送されているため、何となく接しているとあっという間に時間を使い切ってしまいます。

テレビは次々と気を引くような番組を放送しているため、本当に見ようとした番組以外にも見てしまいがちです。そうすると、また見たい番組ができてしまい、自由時間がテレビ番組の閲覧予定でいっぱいになって、作業どころではなくなってきます

また、何となく作業後の気晴らしのつもりが一度テレビを付けると、その番組の終わりまで見てしまったりして、予想以上に時間を使ってしまいます。

このことに気づいて、私が起業した当時は、テレビの電源を抜いて、すぐに見られなくしていました。テレビ欄を見て、本当にこれはみたいと思った番組は録画しておき、時間のある時にコンセントを指して見ていました。

テレビから得られる有用な内容も多数ありますが、テレビに見せられるのではなく、自身で取捨選択して閲覧するのをおすすめします。もし、それができないなら、テレビのコンセントを抜く、テレビを押入れにしまうなど、工夫してみると良いでしょう。

 

携帯電話との関わり方

とても便利な携帯電話も、作業する時は集中の妨げになることが多々あります。

例えば、Email、facebook,twitter,LINEなどから何かしらの通知があった場合、スマートフォンが突然鳴る、マナーモードにしていても突然ブルブル震える、ピカピカとライトが点滅するなど、何かに集中して作業していても何の連絡が着たか気になってしまい、作業を中断してしまうことがあります。

これが頻繁にあると、一向に作業が進みません。また、相手から連絡が来るだけでなく、こちらからも連絡したくなったりします。

その場合の対処法として、SNSの設定を通知OFFすることも有効ですが、可能であれば携帯電話の電源をOFFにして、視界に入らない場所に置いておくのは作業に集中するのにとても有効です。

 

人との交流-相互に高め合える人との繋がる

個人で起業・開業といえど、すべて自分で完結するのは不可能で、不自然です。これから起業・開業する方は、積極的に提供するサービスに関連する専門分野の先達者たちの輪、同じ志を持つ輪に入っていくのをおすすめします。

今やインターネット上で多数の情報が得られる時代ですが、私の個人的経験では、

  • 有用で実践的な情報
  • 新しい情報、最先端の内容

は人経由で入ってくることも多く、その伝達も早いです。

そして、起業・開業するなら、

  • 提供するサービスに関連する高い専門知識を有する先達者の輪
  • 起業・開業に伴うビジネスを学ぶ輪

の両方の輪に入ることを推奨します。

例えば、マッサージ店を開業するなら、

  • マッサージに関する高い専門知識を有する先達者の輪
  • マッサージ店の運営に伴う経営(ビジネス)を学ぶ輪

の両方に関わるということです。

そして、人と関わる時に最も大切なのは、”自分が与えられる以上に相手に与えられるよう常に心がけ、実行する”ことです。これが何事も円滑にいく、非常に容易な道です。

同じ目標に向かって助け合い、与え合い、高め合える環境に身を置くことで、川の水がやがて海へ流れ着くように、自然に目標に進んでいくようになります。

 

専門分野の先達者の輪に入る

例えば、ある分野の仕事に就いた時、その仕事で何年も経験のある先輩たちが多数います。当然、入ったばかりの新人より先輩たちの方がその分野の仕事に関する知識や経験が豊富です。新人は様々なことをそこで教えてもらい、自分自身も成長することができます。

この専門分野の先達者の輪に入る方法は、

  • 学校に通う
  • 専門分野の仕事に就職する

ことが一般的ですが、その他にも

  • 専門分野のコミュニティ(勉強会、研究会、学会など)に参加する

という方法もあります。

時代とともに、ニーズも技術も変化・進化していくため、提供するサービスに関連する専門分野の輪の中にいるのは、長期的に事業運営するのに欠かせません。

 

同じ志の仲間と定期的に合う

例えば、同じ起業・開業の志を持つ仲間と定期的に合うのも、とても良い刺激になり学ぶことが多いです。

実は、私もその昔、月に2回開催される起業塾に3ヶ月ほど通った経験があります。私はその時はまだ会社勤めでした。

特に何かの分野に特化しない起業塾でしたが、わざわざお金を支払って参加してきていますので、熱気がありました。仲間同士の会話が盛り上がり、塾が終わった後も外で会話が続くほどでした。

起業塾よりも本の方が得られる知識は多いですが、人から伝わる情報は温度を持っていて、とても心に響いてきました。

また塾への参加で、事業運営に欠かせない大切な気付き(知識としては知っていても自分の中で腑に落ちる)を得ることができました。

 

最後に

以上のように、為すべきことを為すための環境を整備するには、細々とした配慮が欠かせません。

何も整備していない仕事環境は、山登りに例えると、ほとんど人の手が入っていない自然道を歩いて行くようなもので、ふかふかの土に足が沈んだり、枝に引っかかったり、途中で道に迷ってしまったりして非常に効率が悪く、なかなか進みません。しかし、一度手間暇かけて整備すると、エネルギーロスの少なく着実に事が運ぶようになります。

Pocket
LINEで送る