Pocket
LINEで送る

内なるビジョンマップを作成するワークショップ
Slider

 

内なるビジョンとは?

内なるビジョンとは、
その人の内側から湧き上がってくる”何か”です。

その”何か”は、
写真のような
”イメージ”かもしれません。

その”何か”は、
内側から響いてくる
”声”かもしれません。

その”何か”は、
心地よい風が通り抜けるような、
清々しい”感じ”かもしれません。

その”何か”は、
とめどなく溢れる
”生命”かもしれません。

 

このワークショップは、その”何か”に心の扉を開いて受け取り、自覚して生きるための助けとするためのワークショップです。

 

ワークショップの内容

全体の概要

このワークショップは前半、後半の2部構成になっています。

内なるビジョンワークショップ 色鉛筆
  • 前半は浮かんできているビジョンを画用紙と色鉛筆を使って描きます。
  • 後半はビジョンに関連する事柄を文章で記載します。
内なるビジョンワークショップ 完成イメージ
  • 前半、後半で描いた紙を、A4サイズのアクリルフレームに丁寧に入れて、自宅で飾れるようにします。

 

[前半] ビジョンを描く の流れ

 

リラックス&自分を整える

(手順は当日お伝えします)

沈黙

浮かんできたビジョンを紙に描く

 

[後半] 具体的な内容を描く の流れ

各自のビジョンを見つつ、浮かんできた具体的な内容を文章で描きます。

インスピレーションを得るきっかけとなる内容が書かれた紙を当日配布します。

以下、ご参考。

  • 具体的な行動
  • チャレンジすること
  • 世界に発信していきたいこと
  • 捨てること、手放すこと
   ・・・など
ポイント

浮かんできたことを、思考による判断(良い、悪いなど)を通さずに、そのまま表現する(通過させる)のがポイントです

 

ワークショップの終了後

内なるビジョンワークショップ 完成イメージ

このワークショップで描いたビジョンマップを自宅で飾ってみてください。

おすすめ

できるだけ日々仕事する机の近くや机の壁など、良く目にする場所がおすすめです

日々自覚し、自らの道を歩む助けになると思います。

 

開催日時・場所・定員・料金

このワークショップは人数分の準備品があるため、申込み期限があります。

2020/03/05(木) 10:30~12:30(※申込み期限:開催日の3日前)

  • 開催日時:2020/03/05(木) 10:30~12:30(約2時間) ⇒延期になりました(詳しくはこちら
  • 場所:東京都小伝馬町近くのレンタル会議室(詳細は個別にお知らせします)
  • 定員:4名(2020/02/25時点 残席2)
  • 料金:ドネーション・寄付制(ハートから浮かんだ金額で大丈夫です)

持ち物

  • A4サイズのビジョンマップを持ち帰れるバッグかカバンをお持ちください。
  • トンボ 色鉛筆 12色を用意していますが、こだわりのある方は各自で色鉛筆をお持ちください。
  • 服装:リラックスできる楽な服装でお越しください。

 

主催者用メモ-持ち物
  • 画用紙:+予備数枚
  • 色鉛筆:人数分
  • 色鉛筆用消しゴム:人数分
  • ハサミ:人数分
  • アクリルフレームA4:人数分+予備1つ
  • 白ポストイット:人数×10枚
  • 後半用の資料:人数分+予備数枚
  • アンケート用紙:人数分+予備数枚
  • ドネーション用BOX

最後に

色鉛筆で絵を書くのは、子供の頃に還ったようになります。題材が与えられて描くのと違い、自分の内側から湧いたものを描くのはとても満ち足りた作業です。リラックスして、みんなでこのワークショップを楽しみ、味わいましょう☆

追伸(2020/02/25)

主催者も一通りやってみました

このワークショップを開催するにあたり、私自身が実際に一通りやってみました。私が描いたビジョンの絵は、度々浮かんでくる映像を絵として描き下ろした、そんな感じです。過去、鉛筆でビジョンを描いたことはありますが、今回は色鉛筆を使ったため、より表現できたように感じます。ただ、私は昔からとっても絵を書くのが苦手・・・視覚化されているものを適切に表現するのが苦手で、描いたものもいつもどおりの画力です。後半では今まで浮かんだことがない『ビジョンに生きる』という一文が湧いてきました。道程の凸凹や紆余曲折に目もくれず今なすべき使命を達成しなさい、そういう意味だと理解しました。

このビジョンマップを自宅の仕事部屋に飾って数日経ちました。このビジョンマップを眺める度に、今、私が何をすべきか思い起こさせられます。このワークショップは、塾生のフォロープログラムとして作成しましたが、何より私自身に有益だった、と実感しています。

申込みフォーム

下記、申込みフォームよりお問い合わせください。

 

Pocket
LINEで送る