いま仲間二人にインターネットで収益を生み出す方法などなど、私がまったくのゼロから今に至るまでやってきたことを教えています。

で、先日その一人であるKくんに"戦わない経営"という本を貸しました。

この本は数千人の起業家を支援してきた浜口 隆則さんが、数千社という起業の現実を見てきて書かれた本です。

で、すぐに感想がかえってきました♪

「戦わない経営"読みました(^^)

前回の田尻塾でも話した事と似てるんですけど、自分は人と同じでなければいけないっていう教育で育ってきたんだなーと。

なぜ事業を始めるのがこわいのかっていう疑問がスッキリしましたね。
植え付けられたメンタルブロックの外に飛躍がある、と描いてあったので、壁を破らないと!って思いました(^^)

ビジネスの世界では人と違うことが価値になるっていう部分も励みになりました!」

うんうん、メンタルブロックあるよねーー!
あるある、メンタルブロック 笑

自分で実際にやってもいないのに、勝手に不安感じてみたりとか。

ビジネスの世界では人と違うことが価値になるかー。

あーー、そうなんだーなるほどー(本を貸した人が忘れてる 笑)

人に教えているつもりが、自分が教えられるということですね♪

そして、こういう交流って最高に楽しいですね!(^-^)!!(^-^)!!(^-^)!

これから起業する人、また起業まもない人にぜひ一読をおすすめです(^-^)

⇒ 戦わない経営 浜口 隆則


P.S.

私がこの本で好きな言葉は、「雪が降っても自分の責任」

要するに人生で起こるすべてのことは、100%自分の責任と覚悟するということ。

Pocket
LINEで送る