2017年10月から、個人事業者、小規模事業向けのコンサルティングを開始することにしました。

背景

私は2003年に大学卒業後、上京し、大手IT企業に就職しました。同年に基本情報技術者という国家資格を取得し、新人研修を終えてシステムエンジニアの部署に配属されると思っていましたが、半導体の設計・開発の部署に配属されました。

就職して数年、20代後半になり”起業して事業者になりたい”と強く感じるようになっていました。様々模索した結果、私はコンサルタントとしてやっていきたいと思い、勤めながら中小企業診断士(中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う国家資格)の勉強を始めました。しかし、勉強してまもなく、中小企業診断士を取得してもコンサルタントとして仕事の依頼が来るわけでな無いこと、、中小企業診断士を持っていない叩き上げの事業者の方がずっとコンサルティングの依頼が集まっていることを知り、この机上の勉強だけしていては駄目なことに気付き、途中で勉強を辞めました。

「そもそも自分があらゆる制度や環境の整った大企業で働いているのに、中小企業に対して一体何をコンサルティングするというのか。私はまだ自分で何も為していない。コンサルティングするなら、まず人に伝えるに値する何らかの事業実績を自らの人生で達成しなければならない」

会社に所属しながらやれることはこれ以上ない、そう感じた29歳秋に会社を辞めました。何かで起業する、それ以外何も決まっていませんでした。インターネットを活用したコンサルティングをしたかった思いあり、数ヶ月間ドロップシッピングに取り組むも、売上0円でした。徐々に貯金は減り、このままではまずい状況になり、とにかく何か収入になる仕事をする必要に迫られました。報酬の大きい以前のエンジニアとしての仕事にするか、全く別の何とか食べていける程度の収入しか見込めないが興味のある仕事にするか、人生の大きな分岐点に立ちました。現実路線とまるでどうなるかわからない未知の路線、どちらにするか非常に悩みましたが、海に身を投げ出す思いで後者を選択しました。

2009年秋、自分の興味のある製品を扱った販売員としてのアルバイト生活が始まりました。何とか生活できる程度の収入でしたが、その選択が正しかったとすぐにわかりました。仕事していると、楽しくて内側から喜びが溢れていることに気づいたからです。

当時、お店で扱っている商品をしっかり紹介しているサイト(ホームページ、ブログ等)がありませんでした。そこで、もっとその商品の選び方や扱い方等を紹介した多くの人に役立つサイトを作ろう、またアフィリエイトとして収益を上げよう、と考えいくつかのサイトを地道に楽しく充実していった結果はアフィリエイトからの収益、事業プロデュースによる成果報酬、等で十分に生活できるようになっていました。

いつのまにか2017年、気がついたらコンサルタントを志して約10年が経過していました。今まではごく限られた事業者、友人・知人への相談に留まっていましたが、一般に広げることにしました。

 

得意分野

インターネットを活用した事業企画、戦略、Wordpressを使ったサイト運営(ホームページ・ブログ)、SEO

※現状、SNS(facebook,twitter)はサイトにぶら下がる程度の活用に留まっています。

 

大切にしていること

インターネットの世界に数年関わり、様々な浮き沈みを見てきました。ある時までは検索上位に位置していたサイトがある日突然消えてしまった例も少なくありません。私は一過性の成果ではなく、恒久的に実りのあるサイトの運営を伝えたかった(堅実な定期的な収入は生活を安定させる)ため、自らそれを実践するよう勤めてきました。

  • 誠実であること
  • 自らの体験を伴うものであること
  • 関わる全ての人に有益であること

以上が大切にしていることです。

 

コンサルティング内容

完全予約制になります。

アフィリエイト者向け、起業志望者向け、個人・小規模事業者向けです。詳しくは各ページをご覧ください。