パナソニックバッテリーのリコールで届いたダンボールが大きくてビックリ!

今朝、ピンポーーーンとチャイムがなり、玄関に出るとヤマト運輸のお兄さんが巨大なダンボールを2つ持ってきていてビックリ!

そんな巨大な荷物を頼んだっけ?しかも、2個も。・・・と思っていたら、え、もしかして?

 

そう、パナソニックバッテリーのリコールで届いたダンボールなのでした 笑。

 

パナソニック ノートパソコン用バッテリーパック交換・回収のお知らせ

 

交換するバッテリーがノートパソコンの右い2つありますが、それに比べると何とダンボールがデカイのでしょうか。

 

中にいったい何が入っているのか、気になって開いてみると、

IMGP6768.jpg

ゆったりとした空間使いで交換バッテリーの箱が入っているのでした。

 

IMGP6769.jpg

厳重な包装に包まれて、ようやくバッテリー本体が姿を現しました。

 

IMGP6770.jpg

使っていたバッテリーと交換バッテリーでは品番?が違っています。

 

因みに、返送の手引き書とお詫びの手紙も入っていました。

IMGP6772.jpg

 

IMGP6774.jpg

 

使っていたバッテリーと交換用バッテリーをダンボールに入れ替えて、そのまま返送します。

IMGP6767.jpg

 

ダンボールの蓋を入れ替えると、すでに返送用の伝票がついています。

うーん、手間をかけさせないよう考えられているなー。

 

IMGP6771.jpg

 

これで完了!

 

今回のパナソニック、パソコンバッテリーの回収は16万個ともいわれていますが、いやはや凄い量です。

パナソニックのレッツノートを使って2年以上経ちますが、丈夫だし、とても使いやすくてビジネス用としてはすぐれものだと思います。

リコールにはなったものの、パナソニックには今後も優れたノートパソコンを作っていただきたいと思います♪

 

パソコンバッテリーは使っていくとだんだん容量が減って弱くなっていきますから、今回のバッテリー交換で、また長時間使えるようになりますね(^^)

 

皆さんのパナソニックのノートパソコンはリコール対象になっていませんか?

ぜひ確認してみてください。

 

2011年4月から同年10月の間に製造したノートパソコンのバッテリーパックの一部において、製造上の不具合により発煙・発火に至る可能性があることから、本年5月28日にリコール社告を行い、バッテリーパックの無料交換を進めております。

http://askpc.panasonic.co.jp/info/141113.html

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ