草津の温泉まんじゅう屋に学ぶ商品販売の仕掛け

先日、草津へ行ってきたのですが、あるまんじゅう屋さんの販売方法がすごかったので、お知らせしたいと思います。

 

店舗前を歩く観光客に無料でほかほかに温めた温泉まんじゅうを無料で配ります。

一緒にお茶も無料で配ります。

ほかほかのまんじゅう食べ、お茶を食べた観光客がお茶の湯のみを返却するために店内に入ります

ほかほかのおいしいまんじゅうを食べた観光客が店内に入ったついでにまんじゅうを箱買いします。

 

一見、無料でくばって、損しているようにも思えますが、お茶を渡すことによりその店内に強制的に誘導されるところが仕掛けですね。

 

お茶の湯飲みは陶器でできていて、紙コップを使わないところも大切です。

ちゃんとした湯のみなら、気分的に悪くて捨てるようなこともできませんし、持ち帰っても邪魔ですから。

なんとか、お店に返却しようとするはずです。

 

それと無料でまんじゅうを配ることで

「おみやげで温泉まんじゅうを買うなら一度食べて味を確認できて無料でくれたそのお店で買おうかな~」

と感じる人がたくさんいることでしょう。

 

この方法のいいところは、見込み客に押し売りすることなく自然の流れで収益をあげる流れになるところです。

ある意味、押し売りとは逆の方法とも言えるかもしれません。

 

この仕組みは、ありとあらゆるビジネスに転用できます。

もちろん、インターネットを使ったビジネスも同じです。

 

価値のある情報を無料で提供することで、見込み客が集まりますし、おまけに信用も得られます。

 

ビジネス・商売における王道の手法といえるかもしれません。

 

余談ですが、いくつかの草津の温泉まんじゅうを食べ比べたところ

本家ちちやの温泉まんじゅう(特に2色あん)

が非常に美味しかったです。

 

草津にお立ち寄りの際にはぜひお試しあれ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ