事業がうまくいかないときに読みたい本

商売していると、右肩上がりのときもありますが、売上げが低迷することは良くあります。

そうすると、「このまま下がり続けるのではないか?」と不安に陥ることがあります。

 

そんなとき、もしかすると読むとよいかもしれない本があります。

 

それは童話です。

 

 

この前、たまたま散歩しているときに立ち寄った公民館に童話の本がならんでいて、読んでみたのです。

 

小さな子供にもわかりやすい内容で書かれているので、心にジーンと響いてきます。

 

実際に読んだ本は

したきりすずめ

ないた

という本でした。

 

こういう本は不安でこわばった心を一瞬でほぐしてフラットにしてくれる力があるように感じました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ